【おすすめ】炭酸パックのやりかた

昨日のブログ記事でも宣言したとおり、

炭酸パックのやり方を、今日は紹介したいと思います♪

別にエトゥベラでなくても、リッツ スパークリングジェルパックとか、お肌に合うパックがあれば、それでも良いと思います。

 

炭酸パックは、絶対一度はやってみてほしいパック。

ほんとのめんどくさがり屋さんは、手間がかかりすぎて好きじゃないスキンケアになっちゃうかもだけど、

そうでない人は絶対一度は試してみてほしいなと思います。

女子お泊り会とか、パジャマパーティでみんなでパックをやったら楽しそう。

 

⇒昨日のブログ記事【リピ買い決定してる大満足のフェイスパック

 

用意するもの

1.おすすめの炭酸パック <エトゥベラ> ブランソーダ フェイスパックW (amazonリンク)

2.まぜるためのうつわ

3.まぜて、肌に乗せるためのスパチュラ

パックのつくりかた

  1. パックのAとBをボウルに出す。
  2. スパチュラで混ぜる。(ぐるぐる混ぜるというよりは、酢飯を作るときみたいに、切って混ぜるイメージ。)
  3. ざっくり混ざったらスパチュラで肌に乗せていく。(しっかり混ぜてしまうと、お肌に乗る前に炭酸が発泡しきってしまうよ!)
  

 

 

パックを洗い流すとき

私はスパチュラでお肌に載っているパックを、やさしくはぎとっています。

スパチュラでとったあと、濡らした手拭いでふき取る。

けっこうぬるま湯でも落ちにくい肌への吸着度が高いパックだから、洗い流すときが一番手間がかかって大変。

だけど、なるべく肌に残っていてほしいから、

スパチュラと手ぬぐいでやさしく、とったあとは、必要最低限と思われる回数でぬるま湯で洗います。

そのあとは、気分によって、化粧水をパシャパシャつけて終わりにするか、

化粧水⇒アルガンオイルとかのスキンケアをします。

スキンケアについては、朝と夜で若干違うのだけど、

これもまたおすすめのケアの方法やアイテムがあるから別記事にいつかしたいな~と思います。

お肌的には今が一番安定している。

大好きな化粧水があるのだけど、その化粧水でも肌は安定していたと思うのだけど、

最近は、磨きがかかって安定してきている。

 

パックの仕上がりについて

パックを取り去った後は、なんとなく、白くなった感じで、ソフトフォーカスかかったような顔になります。

個人的に一番驚いたのは、夜パックをして、その後スキンケアを全くしないで寝て、朝顔の肌に触れたとき。

なんか、シルク肌になっていたんですよ!

シルク肌っていうのはちょっと説明しづらいのだけど、

カサカサしてたとかではなくて、

つるつるなんだけども、肌表面がシルクの肌触りになっていた。

 

ちょっとこれは、実際に皆さんにも試してみてほしい感じなので、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です