ケガをした。救急車で運ばれた。

3月、中旬以降、毎日大変だった。
何かしら辛くて何だかやること、なすこと、うまくいかない。
今日は4月なので、悪運月間も終わって欲しいなぁ。

それで、何がそんなに悪いことが起きたかって、
まあ一つ一つは、大したことは無いかもしれない。
それでも一つ一つは私にとってはヘビーなこと。

起こるべくして起きたものもあるし
見て見ぬ振りしていたら、爆発したものもある。

だから、運が悪いのもあったかもしれないけど、
自分のせいってこともある。

そんなこんなで、毎日ヘトヘトで励ましながら、何とか綱渡りしてきたわけだけど、
そんな3月。最終日の31日。

朝、通勤途中で、急いでて小走りで向かっていたら、転倒。
おでこが二ヶ所、ぱっくり割れて出血、救急車で運ばれた。

骨折とかに比べたら大したことはない。
だけど、転倒って、精神的にダメージでかい。

それに、おでこのキズ。

どれくらい痕が残るのか。

いまはまだわからないけど、まっさらで何もない皮膚にはならなそうだ。
横ジワに沿っているならまだしも、縦に切れたから目立ちそう。

そんなわけで。
将来どんなキズ痕になるかはわからないけど、昨日、病院で縫われているときから、哀しさで涙がたまに出てきた。

さっきも言ったけど、転倒って、ダメージでかい。
痛くなくても泣きたくなる。

転んで泣く子どもの気持ちが、大人になってわかった。

遠くに住んでいる親にはケガのこと話していない。
話すほどのことじゃないかもしれない。
それにこの身体は自分の身体だ。
だけど、親にもらった身体というか、顔を傷つけてしまった。

とにかくいまは悲観的になっているので、
こんな文章しか書けない。

悲しいこと、辛いこと、怒っていること、
なるべくネガティブなことは書かないようにしようと思ってきたけど、いまはこんなことしか書けない。
だからこそ書こうと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です