今死んだら後悔するなって思ったから、やりたいことをやる

ボンジュール、たまこです。
今日は真面目に「物欲、仕事、お金」について書いてみました。
結構長文になっちゃったし、まだまだ伝えたいことをまとめきれていない気はするけど、これも今の私だから
ポンっと投稿しちゃおうと思います!たまにリライトします!

いま、それなりにいい人生?

現状、特に不満はなく、それなりにいい人生を歩んでいるし、不幸って思うことよりも、幸せなことが多いなって思う人生。おかげさまで。

割とラッキーな方だし、友達には恵まれているし、生まれた家はさほど豊かではなかったものの、いい家庭で生まれ育ったと私は思っている。

満足はしているけど、それでもやっぱり、まだ夢の途中というか、やりたいことがたくさんあって尽きない。
欲しいものを手に入れたい欲もまだまだ満たされていないし、行きたいところ、住みたい家、手に入れたい家庭などなど、欲はたくさんある。

幸せだと感じてるってことは、いい人生を送れてるからよかったなぁ思うけど、やりたいことはたくさんある。
幸せだから、今死んで後悔しないかというと、それはまた違って、今死んだら、「色々とやりたかったことあるな〜」と思いながら死んでいくと思う。

そんな感じで、「やりたいことがあるのにやれないでいるんじゃないか」、という思いが、ここ2,3年、もしかすると10年くらい前から、時折、胸の内を去来する。
そして見て見ぬ振りしてきた。

やりたいことをやらないと、やっぱり後悔するよね

2017年に入って、やりたいことをやれてないなぁという思いはどんどん強くなってきた。
最初は泉が湧き出るようなささやかな思いだったのが、今は火山の爆発みたいなエネルギーになっている。

ここまで来ると、もう気持ちに嘘をつけないので、やってみたいと思ったことはやる!これのみ!

やらないと後悔するし、やらずに終わりたくない。

やりたいことをやることで時間がいっぱいになって、やるにやれない状況なのであれば、それはそれでしょうがないと思う。なんとも幸せな悩み。

だけど、
やりたいことがたくさんあるのに、日々怠惰に過ごしているだけなのであれば、それはなんとか変えなければ。

習慣の力は恐ろしくて、すぐに怠惰な方向へと流れてしまう。

人間、基本的に怠惰だ。

私は寝るのが好きだから、そんな日々を過ごしていたら、体力やスタミナが落ちてきちゃったみたい。
寝てばっかりだと、やりたいことが、時間的にも肉体的にもどんどん!!できなくなるという悪循環。
これを読んでいる皆様は、私よりはもっとアクティブにやりたいことを楽しめていると思うのだけど。

やらないと後悔する、というプレッシャーをかけて、やりたいことをやる時間を増やしていきたい。

欲しいものを手に入れたと思ったら、次にまた違うもの新しいものが欲しくなる。

物欲も仕事欲も趣味欲も、底を尽きない。
昔からの野心が叶うまでは頑張るし、叶った後も新たな野心が芽生える。

いずれは悟りを開くような境地に至ったら、買い物もしなくなるのか?

だけど、やっぱり成長していくのには、欲とか野心とか、いいモチベーションになるから、私は肯定したい。
そういうのがあるから人としても成長すると思いたい。

モノが増えて、心が豊かになるかというと直結はしないにしても、自分が気に入ったいいものが周囲にあることって、やっぱり生活が豊かになって心は豊かになっていくと思う。

多すぎるモノによって豊かになるわけではなくて、モノに愛着を持つから、モノを丁寧に扱うようになり、暮らしに愛着も湧いてきて、じんわりとした幸せな感じが出て来るのだと思う。

手に入れる過程も楽しみたいし、手に入れた後も楽しみたい。

また新しいものが欲しくなるんだとしても、やっぱり欲しいものは手に入れたい。

若い頃頑張って働いて、貯金をして、年を取ってから時間もゆとりを持って毎日を過ごせるようになった頃に、貯めておいたお金を使う、というような老後の日々は私には送れなさそうだ。

もちろん、年を取ってから、生活には困らないようにしたいし、ひと財産以上はあったらいいなとは思うし、そうなるように頑張る笑。

年取っても贅沢な生活ができるのは素晴らしいことだけど、若い頃に欲しいものをなるべく素早く手に入れることもいいことだと単純に思う。
若い頃に欲しいものを手に入れて、大切にしたり、そこからまた新しい夢が広がっていくのはすごくいいことだから、モノを手に入れることに必要以上に罪悪感を持たないこと。

できれば、ちょっと高くても自分がこれだ!と思うモノを手に入れること。
安いものを大量買いしてもなぜだか満足できない。
100円SHOPは使いようによってはいいお店だけど、やっぱり「餅は餅屋」というように、老舗メーカーだったりブランドだったりの、商品というのはこだわりがある。

お金を稼ぐこと

 

モノを欲しいと思うことも、やりたいことをやりたいと思うことも、基本的には同じこと。

 

それを自分の生活の一部として取り入れたいということだから。
それを叶えるために、お金はどうしても必要。
必要じゃない時もあるかもしれないけど、お金があったほうがスムーズ。
モノややりたいことをやるために、お金が欲しいのに、お金が欲しくないフリは私はできない。

お金が欲しいっていうとなんだかいいイメージがないから

お金を手に入れることをいい感じに言い換えてみる。

  • 欲しいものを買うためのチケット
  • 行きたいところに行くための切符

こんな感じに言い換えてはどうかな?

お金を得ることに、必要以上に悲壮感漂ったり、深刻になりすぎる時があるから、こういう風にあえて気軽に捉えてみる。

欲しいものを買うためにお金が必要なのだから、頑張って働くしかないの?

お金がもらえればどんな仕事でもいいやってわけでもない。
とりあえずやっとけばお金もらえるから、どうでもいい気持ちで仕事はしたくないし、やるからには仕事にも力を入れたいと思ってしまう。欲張りかもしれないけど。

仕事をしている時間は、平日は3分の1は時間を使っているので、どうでもいいことで人生の大事な時間をしめたくない。

もし、その会社が合わないのであれば、独立するのも全然いいことだと思う。

私は辛いことももちろんあるけど、今の会社が気に入っているし、やりたいことも今後どんどんやらせてもらえるようなので、しばらくは頑張ろうと思っている。
だけど、やりたいこともやらせてもらえないし、辛いのがずっと続くようなら、我慢する必要はないかなと思っている。

人生の大事な時間を何に費やすかは、その人次第

その人がしっかり考えて決めたことなら、どういう選択肢でもいいことなんだと思う。
やりたいことをやれるような自分になることも大事だし、それと同じくらい大事なのが、やりたくないことをやらずに快適に過ごせる自分になることも大事だ。
人生の時間は有限だから、やりたいことをやることを追求するのと同じくらい、やりたくないことをどうやってやらずに済ませるか、っていうのも大事だ。

まとめ

長文になって暑苦しく書いちゃったので、一応まとめ書いときます。

  • お金を稼ぐことにポジティブなイメージを持とう
  • 今死んで後悔の気持ちが残るなら、やりたいことをすぐやろう
  • いかにやりたくないことをやらずに済ませるか

もっとあった気がするけど、もう眠いので☆この辺で!では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です