何度かイギリスに行って悔しい思いをして英語を頑張ろうと思った件。

英語ができないというだけで、話に加われない悔しさ

これまで海外旅行や出張などでイギリスやそのほかの国に行くことがありました。

その度に、
「もっと英語話せたらなぁ」
「相手が何を言っているのか理解できたらなぁ」
と思うことが多々あります。

年々、英語力は成長しているという自負はあるものの、上を見たらきりがない。
私のしたいことは、ネイティブスピーカーと、対等に仕事の話がサクサクしたいだけなんです。

英語ができないだけで、仕事ができない印象になっちゃう

言葉が関係なければ、仕事はできているはず。
だけど、英語ができないだけで、英語ができる日本人からは、仕事ができない印象を持たれます。
現地のネイティブからしたら、「英語話せないのに、なんで来たんだろう」って思われる。

英語ができなくっても、自信持って日本語とジェスチャーで渡り合うこともできるかもなんですが、そこは日本人はシャイですからね。
すっかり仲間外れにされちゃいます。

英語が話せるようになるためには、話す特訓が必要

何回か海外旅行にも言ったし、カフェ英会話もやったし、グループレッスンもやりました。
大学卒業するまでは、本当に受験英語しかやってこなかったので、英会話なんて、ズブの素人でした。

そんな私が、ある程度今話せるようになって、それまで色々試して見て思うのは、
英語が話せるようになるには、「話す特訓が必要」ってことです。
ごく当たり前のことなんですが、英語を話すためには、英語を読むだけでもダメだし、英作文ができてもダメだし、聞くだけでもダメなんですよ。
脳内で発生した「伝えたいこと」を英語にして舌に乗せて発生する、っていう練習が必要。
逆に言えば、その特訓をある程度すれば、簡単な英会話はできるようになります。

お気に入りのテキストを見つけたら、舞台俳優になりきって音読する

暗記しようとしなくていいので、その英語の人物になりきって、自分のお部屋で、なるべく大きい声で音読しましょう。
英語の勉強をするっていうよりも、舞台の脚本を読むくらいの気持ちですかね。
気持ちがないと、実際その気持ちを英語にして話すときになかなか出てこないです。

これやっていると、英語の勉強してる気がしないので、なんか楽しくて長続きします。
自分が思っているより簡単なものから始めるのがオススメです。
ある程度のレベルより上達しないのは、できていると思っているレベルが実はできていないことがあるから、っていうのがあるんですよね。

中学英語からスタートするくらいの気持ちでいいんだと思います。
私の周りにいるバイリンガルの人は、子どもが読む絵本からでもいい、と言っているくらいです。

というわけで、この英語を音読するトレーニングを数回続けて、ネイティブの英語レッスンに行ったときに、前回のレッスンから変わって、急に話せるようになってて、自分でかなりびっくりしました。
なんか脳に思いついた英語がスムーズに舌に乗る感じです。

母国語と外国語の習得は違うよね

日本人は小さい頃から日本語を話しているし、思考も日本語です。
そのため特に苦労せず日本語でコミュニケーションをとることができています。
ある程度脳が完成されてから、外国語を話す場合は、母国語とは、ちょっと違うんですよね。
単語や文法の勉強ももちろんしなければいけないです。
ただ、外国語を話す変換をいかに短くして、舌に乗せられるか、っていう練習が必要になって来ます。

英語は独特のノリもありますし、日本語を話すときと同じように話しちゃうと、すごく重たくなっちゃいます。
なので、舞台俳優のようにネイティブスピーカーになりきることが大事じゃないかなと思います。
このときにちょっとした文法の間違いとか、発音とかはあまり気にしなくていいと思います。
それよりも喋ってなんぼです。

この人のyoutube動画、楽しいです。

コペル英会話

★イムランのオリジナル英語教材と英語書籍  http://coper.biz/dvd.html ★全国で毎日12万人が読んでいる「英語英会話一日一言」のイムランが贈る  数々の動画レッスンをご覧ください。 ★一日一言あり、リスニングあり、文法あり、単語あり、モチベーションあり。  英語学習を全て網羅しているのはこ…

楽しむために英語を学ぼう

冒頭の話に戻りますが、海外で仕事を進めるためには、発言権や存在感をその場で示すことが大事になって来ます。
日本人は遠慮しがちですが、それによって不利になることも多々あります。
それが一番悔しいです。
英語さえ通じればいろんなことがもっと楽しめるようになるはずです。
楽しく英語を覚えて、海外でも楽しく過ごせる人が増えたらいいなと思います♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です