ビヨンセ好きなんだけど、一番新しいアルバムがタイトルにもある「LEMONADE」

ディスティニーズチャイルドの頃からビヨンセは好きで、高校生の時は何回 Survivorを聞いたかわからない。

I slayの意味

このアルバムに入っている「formation」という曲が最近のお気に入り。
なんだか聞けば聞くほど癖になるし、ビヨンセ特有のだんだんテンションが上がっていく感じが大好き!

 

憧れる女性の強さ

ディスティニーズチャイルドもビヨンセも共通するのが、強く、自立をしていく女性像を歌詞に織り込んでいるということ。
あえてね、女性は強く生きましょう、的なことを言われると、アメリカ的だなぁと思ってしまう。
というのも、全然アメリカ礼賛をするわけではないです。
むしろその逆。

これはあくまで憶測でしかないし、個人的な意見ですが、むしろ、こういうことを音楽などで表現しないと、女性の権利がないがしろにされがちなところがあるんじゃないかなと思った。
だって、女性の人権がしっかりしてる国だったら、そんなこと声高にいう必要ないですもんね。

日本で、そんなに「女性よ立ち上がれ!」的な歌詞ってあまり見かけないですよね?
昔の日本人男性は男尊女卑とかよくいうけれども、実際日本人女性って強くないですか?
もちろん一家の大黒柱が強い家もあるとは思うのですが、「かかあ天下」とか「鬼嫁」とかよくいうじゃないですか?
結構女性に優しい国だと思うんですよね。
話が脱線してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です