これからブログを始める人に、私と同じ轍を踏まないように、っていう意味で書きます♥

 

過去記事の手直しをしてみたら、反省点がいっぱい

著作権フリーで、無料のおしゃれな画像サイトを見つけたので、

アイキャッチ画像がついていない記事に、ひとつひとつつける作業をしました。

ついでに、パーマネントリンクについても、改めて一記事一記事にユニークなURLを設定しました。

読み返しながら作業をしていく中で、初期のころの色々な反省点が見つかりました。

やっぱり初期に書いたブログって、スタートラインなわけですから、基本ができていないのが目につきました!

すこしでも早く上達するために、ブログの書き方のBasicルール】を書いていきます。

 

1、体裁とかなによりも、文字数。内容の薄さは伝わらない薄さ。

やはり、一記事につき1000文字は書いたほうがいいです。1000文字以下でいいのは、取り急ぎのお知らせくらい。

内容がやっぱり薄い印象でした。

1000文字以下になってしまうとしたら、まだそのアイデアは熟成されてないっぽいです。

私の場合、内容の薄さが目立ちました。二つ記事で一記事分になっちゃうな、っていうのもチラホラ・・・。

記事数を稼ぎたい気持ちもわかりますが、しっかり一記事ずつ書きましょう。着実に財産になっていきます。

最初は骨が折れるかもしれませんが、ひと記事1000文字って、意外にすぐ書けるようになります。

 

2、タイトルがよくわからない。何を書きたいのか、何について書きたいのかもっと具体的に。

タイトルはあいまいにして、記事を読んでもらおうという戦法でしたが、

そもそもタイトルあいまいな記事って、本文読みたくならないですよね?

よっぽど前評判ある方なら別として、初めて訪れたブログはなおさらです。

自分が他の人のブログを読んでいるときのことを考えれば、やっぱり具体的なタイトルに魅かれて読むことが多いです。

あいまいだったり、なんかよくわからないものは、後回しにしてしまいがち。

後回し=忘却の彼方」になること間違いなしです。パッと目を引く具体的なタイトルにしていこう。

 

3、デザインにこだわる時間を削ってでも記事を書こう。文字を打とう。言葉を吐き出そう。

わかります、ワードプレスとかテーマもいろんなのあるし、ウィジェット足したり、プラグインつかったり。

ワードプレスじゃなくっても、フォントにこだわったり、画像どうしようとかいろいろ考えますよね。

でも、ブログなので、大切なのはやっぱり記事なんです。言葉、文字、テキストです。

自分がなるべく早く打てる方法で、とにかく書きたいことを書きまくる。

こういう環境を整えるべきです。デザインは後からいくらでも時間かけられます。

記事がしっかりしていないと、いくらデザインを施しても意味がありません。

逆に記事がしっかりしていれば伝わることがたくさんあるブログになります。

読んでよかったなぁと思われるブログにするには、やっぱり個性ひかる、内容のある、記事が大事です。

 

以上ブログの書き方のBasicルール】でした。

ベーシックなのでたった3つしかありません。

あちこちのブロガーさんがこうしたほうがいいよ、っていうアドバイスで、よく言われていることばかりだと思います。

だけど、この基本ができていないことって多いですよね。(私がそうだったんですが)

今後ももっともっとブログを書きたいと思います!

ではでは~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です