古いMacBookから新しいMacBookAirへデータ移動した時の話

どうも、こんにちは! パソコン・ITガジェットが大好きなたまこです。

先日の記事で、初めてMacBook Airを買った話をしました。 (新しいパソコン届いた!初のMac Book Air

通常二台のマックのデータ移動をする場合、
「移行アシスタント」やら、Bluetoothでデータ共有やらをするのですが、
もともと持っていたマックが古すぎるのか、うまく認識されませんでした。

古すぎて、iCloudも使えないくらいの古いマックなんです・・・
あと、LANケーブルでつなぐ、といった方法もあるようですが、新しいマックの方が、LANケーブルさすところがなく、Thunderboltのケーブルに変換できるアダプタも持っておらず・・・。


試行錯誤してみた

グーグル先生に頼っても、できる方法があまり見つかりませんでした。
古すぎて、ちょっと特殊な状況だったかも。。。
ちょっと効率は悪い気はしますが、なんとかできる方法を編み出したので、せっかくなので、私なりにやった方法を、ここでシェアしておきます。

ただし、下記の記事は、あくまで古いマックから新しいマックへのデータ移動の方法をなんとか見つけた結果なので、
もうちょっと新し目のマックであれば、上記に述べたもっと効率的な方法があるはずなので、参考になるかどうかはわかりません(汗)

ではどうぞ

ファイル共有の仕組みを利用したら、なんとかできたレベル

二台持ちの人は普通に利用している機能なんでしょうかね?
Windowsで言えば、リモートアクセスみたいな感じで、
一台ずつ共有フォルダがあり、そのフォルダに入っているファイルであれば、設定をしたのちに、二台ともアクセスできる、という仕組みです。

やり方を詳しくみていきましょう♬

共有の設定をする

  1. リンゴマークから、「システム環境設定」を開く。

2.「共有」アイコンをクリックする。

「ファイル共有」にチェックを入れて設定する。

このチェック作業は、転送元も、転送先も。つまり二台とも行ってください。

チェックを入れたら、二台ともFinderを開いて、共有フォルダを表示させてください。
うまく共有の設定ができていれば、共有フォルダの表示がされるはずです。

共有フォルダから転送先へファイルをドラッグする。

Screen 2017 02 10 16 46 47

今回の私の場合だと、

■転送元のパソコン
写真のファイルを共有フォルダへコピーする。
■転送先のパソコン
写真アプリを立ち上げておき、共有フォルダに入っているファイルをドラッグしてくる。

共有フォルダ内にあるファイルを削除したり、フォルダ移動したり、といった作業は、転送元のパソコンからでしかできないみたいです。

教訓

結構作業的には骨が折れます。
だいたい5000枚くらいデータ移動を行うのに、断続的にですが、5,6時間はかかります。
隙間時間を見つけて、ちょこちょこやるくらいでいいかもしれません。
すごく作業的には大変だったので、次もし買い替えなどがあれば、一応備忘録的なものですが、今回得た教訓もシェアします。

  • 古いパソコンは手遅れになる前に、新しめのを買えるよう、仕事を頑張ってお金を稼ぎましょう。
  • iCLoudなどの便利なサービスもあるから月々数百円払って素敵に管理できるのであれば、前もって利用しておこう!
  • 便利なサービスが日夜開発されているから、新しい情報に敏感になろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です