Google Keepはすごく使える。

 

下の画像はiPhoneでGoogle Keepアプリの画面。(内容は現実にけっこう近い架空のもの)

 

 

GoogleのアカウントごとにGoogle Keepの内容を分けても使える。

  • 仕事用アカウント
  • ブログ用アカウント
  • プライベート用アカウント

項目が少ない場合は、同じアカウントで仕事もブログもプライベートも管理したほうが

一覧性があってよさそう。

 

私は、仕事のTO DO LISTをサクサクこなしたいのと、ミーティングの議事録もとりたかったので、

用途別にわけてみた。

 

ちなみにPCブラウザ上ではこんな感じ。(あくまで内容は現実にけっこう近い架空のもの)

当然のことながら、ブラウザ上でアクセスできるため、

iPhoneからだろうか、会社携帯のiPhoneからだろうが、

自宅PCだろうが、会社PCだろうが、どこからでもアクセスできる。

 

Evernoteも使っていたけど、Google Keepのほうが、敷居が低くてサクッサクとつかえるイメージ。

 

私は今日、社員と面談しながら、そのメモを、Google Keepにとりました。

なかなかよかった、サクサク感。

 

それと、これはTO DO LISTの使い方だけど、

  • TODAY’S TO DO
  • DO IT TOMORROW BOX

という感じで分けている。

 

それは、今日やることと明日以降やることを明確にするためだ。

TO DO LISTを作成し始めると、なんでも今日やらなきゃ!とつめこんで、

未達成⇒罪悪感

のループに巻き込まれがち。

 

「今日やれることは明日に回すな」、とかよくあるけど、

私からすれば、明日やればいいことは、今日の緊急事項&優先事項ではないのだから、

「今日やらなくてもいいことは、明日やろ。」がモットー。

デスクの上にも、実際明日以降にやる箱=DO IT TOMORROW BOXがある。

今日やることのボリュームが手に負えなくなる前に、防波堤を作るイメージです。

 

もちろん、今日やることがなくなったら明日やることを前倒しすればいいので。

このTO DO LIST関係もいつか記事にしたいな~

世の中にめちゃくちゃ忙しい人っていっぱいいるし、

私より忙しい人ってたっくさんいるのはわかっているんだけど、

それでも。

私なりの仕事術的なのが誰かの役に立ったらうれしいな~と思うので、いつか記事にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です