泥臭い仲間

前回のブログでは、「一緒に頑張れる仲間を見つけた」ということを書きました。

この仲間って、傷を舐めあったり、愚痴を言い合う仲間ではないです。

ほんと、泥臭いですけど、共に切磋琢磨しあう仲間って感じです。

私よりも先輩もいるので、同じレベルで言ったら失礼かもしれませんが、「切磋琢磨」という言葉がぴったりきます。

それと、気の合う仲間ではあるけれども、成長していこうという気合いがあるので、議論をたたかわせます。

違うな、と思ったら違う、と言えるし、反論をきちんと聞くし、課題に対して誰もさじを投げない。

たまに愚痴も言います。

愚痴って、問題や不満について文句を言って何もしなければ愚痴で終わりますが、

何か対処すれば、立派な問題提起になります。
たまにいる、愚痴を言うタイプの人って、その人は何もしないから愚痴って思われるんじゃないかなぁ。

愚痴をいう相手を間違えているか。

相手がその人に何かしてあげたい気持ちがなければ、やはりただの愚痴で終わります。

何もしなければ愚痴。

愚痴を言ってお茶を濁す人になりたくないから行動を起こすってことです。
この仲間を見つけられたのも、仕事のプロジェクトがあったからだし、

メンバーがすごく良くしてくれて、みんなを尊重しようという気があったからだし。

 

私から提供できたものなんて微々たるものなんだけど、惜しみなく提供しあえる感じです。

 

と、いうわけで。

プロジェクトが終わってあのメンバーで集まるってもう無いけど、

また一緒に仕事したいし、その日まで自分の領域で、しっかりやっていかなきゃな、と気を引き締めている最近であります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です