大殺界、星座占いと厄年。数え年トラップ

あまりスピリチュアル的なことは気にしないのだけど、占い的なことを全く信じないというわけではなくて、

この先どうしようかな~っていうときの参考にするものがある。

それは、

  • 細木数子の大殺界
  • 星座
  • 世に言われる厄年

この3つ。

 

細木数子の大殺界の年は、確かにひどかった。。。

大殺界の年は18だか19才のときで、後から思えばひどい年だった。

大学受験は思うようにできなかったし、気分の落ち込みもひどかったし、体調も良くないし、パッとしない1年だった。

ただ、「大殺界だったから」って片づければいいものでもなくて、大殺界でもいい感じに過ごしている人はたくさんいると思う。

 

悪いことが起きたときは大殺界のせいにできるだけ。

理由をそこに持ってけばすむというだけ。

 

ひどい年だったけど、いいこともある。

家族はみんな健康だったし、友達にも恵まれていたし、特に大きな事故事件があったわけでもないし、大学だって一応入った。

マイナスに目を向けるといくつでも思い出せるよね。

 

ちなみに、木星人+なのだけど、平成29年は、乱期という中殺界。精神的な運気のウミを出すときですって!休んだ方がいいんですって!!

いつも土日だけならゆったり休んでるから、これ以上どう休めばいいのか。ちょっと長期休暇でもとろうかな。

落ち込みやすいんですってよ、奥さん。

星座

これは星座占い全般、というよりも、石井ゆかりさんの星座占いが素敵で好きなんです。

物語を読んでいるようで、ちょっと一旦毎日の喧騒から離れて自分のことを考えたりするときにいいです。

当たらぬも八卦・・・

石井ゆかりの12星座占い 今週の星模様|FEATURE.FELISSIMO|フェリシモ

毎週月曜日更新!石井ゆかりさんの週間星占いをフェリシモウェブサイトでチェック。

石井ゆかりさん、本もたくさん出版されているので、ぜひ書店で見てみてほしいです。

癒されます。

 

 

厄年

厄年は、あまり意識しないようにしている。だけど、いちばん恐怖感がある。

大殺界よりも、もう逃げられない宿命感を感じる。

それは親戚とか親がよく、悪いことがあると「あ~厄年だからね~」と言ってた記憶があるからだ。

悪いことがあると、「大殺界だしね」って言ってるのは聞かない。

けど、「厄年だよね」っていうのはよく聞く。

神社とか、お寺とか、厄除けとか、このへんひとくくりにしてしまうけど怖い。

ばちあたりめ!神様がみてるぞ!的な怖さが植え付けられているようだ。

 

この恐怖感は、あれと一緒だ。

小さいころ、夜にトイレへ行きたくて起きてしまったときに、ふと見たくないけど見てしまったおひなさま人形

雛人形、五月人形、羽子板、破魔弓は人形の久月

人形の久月は、江戸時代、天保六年に創立され、百八十余年の歴史を有した日本を代表する人形の製造問屋です。


もしくは、なまはげ

 

男鹿のナマハゲ|「重要無形民俗文化財」男鹿のナマハゲ

大晦日の晩、それぞれの集落の青年たちがナマハゲに扮して、「泣く子はいねがー、親の言うこど聞がね子はいねがー」「ここの家の嫁は早起きするがー」などと大声で叫びながら地域の家々を巡ります。 男鹿の人々にとってナマハゲは、怠け心を戒め、無病息災・田畑の実り・山の幸・海の幸をもたらす、年の節目にやってくる来訪神です。 ナマハゲを迎える家では、昔から伝わる作法により料理や酒を準備して丁重にもてなします。

 

厄年の話にもどるけど、厄年には軽くトラップがあって、「数え年」なのだ。

数え年なんて、普段使わないから、あまり気にすることなかったけど、

2017(平成29)年は、下記の表のとおり、女性の厄年はこうなっている。表の年齢は数え年表記。

前厄 本厄 後厄
2000年
平成12年うまれ
(18歳) たつ
1999年
平成11年うまれ
(19歳) うさぎ
1998年
平成10年うまれ
(20歳) とら
1986年
昭和61年うまれ
(32歳) とら
1985年
昭和60年うまれ
(33歳) うし
1984年
昭和59年うまれ
(34歳) ねずみ
1982年
昭和57年うまれ
(36歳) いぬ
1981年
昭和56年うまれ
(37歳) とり
1980年
昭和55年うまれ
(38歳) さる
1958年
昭和33年うまれ
(60歳) いぬ
1957年
昭和32年うまれ
(61歳) とり
1956年
昭和31年うまれ(62歳) さる

【参考サイト:【2017年の厄年早見表】厄年には何が起きるの?【平成29年の男女別厄年一覧

そこで、まず男性は3回しかこの厄年の周期がないのに、女性は4回あるところが、厄介。

表をよくみると、30代のうち6年間が、何らかの厄年になっている。

30代なんて、女盛りのはずなのに、ほとんどが厄だということだ。

 

私は2017年に35才になるので、数え年だと36才。つまり、前厄の年にあたる。

ついこの間まで厄年だったはずなのに、やれやれまた厄がはじまるのかと、ビビっている。

厄除けにいこうかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です